会則

第1章 総則

第1条

本会は、埼玉医科大学保健医療学部同窓会と称する。

第2条

本会は、本部を埼玉医科大学保健医療学部内に置く。

第3条

本会は、会員相互の親睦を図り、会員の福利厚生、学術の向上、及び母校の充実、発展に寄与することを目的とする。

第4条

本会は、前条の目的を達成するために、下記の事業を行う。
(1)会員の福利厚生に関すること
(2)会員名簿の作成・保管、会誌等の発行に関すること
(3)埼玉医科大学の後援に関すること
(4)その他、本会の目的を達成するために必要なこと

第5条

本会は、総会の承認を得て、各地に支部を置くことができる。

第2章 会員

第6条

本会は、次の会員をもって組織する。

(1) 正 会 員 埼玉医科大学保健医療学部の卒業生
(2) 学生会員 埼玉医科大学保健医療学部に在学している者

第7条

本会の名誉を著しく傷つけた会員は、理事会の3分の2以上の発意により総会に諮り、総会出席者の過半数の賛成により、除名することができる。

第3章 役員

第8条

1 本会の会務執行のため、次の役員を置く。

(1)会 長 1名
(2)副会長 若干名
(3)理 事 若干名
(4)監 事 2名

2 会長は本会を代表し、会務を総括する。
3 副会長は、会長を補佐し、会長に事故のあるときはその職務を代行する。
4 会長・副会長及び理事で理事会を構成し、理事のうち若干名は広報・会計・書記を担当する。
5 監事は、会計を監査する。

第9条

1 役員の選出は次の方法による。
(1)会長および副会長は、理事の互選により選出する。
(2)理事は、総会において正会員から選出する。
(3)監事は、理事会が選出し委嘱する。

2 役員の任期は2年とし、再任を妨げない。

第10条

本会に特別顧問を置く。
1 特別顧問は、埼玉医科大学長に委嘱する。

第11条

本会に顧問を置く。
1 顧問は、埼玉医科大学保健医療学部長に委嘱する。

第4章 会議

第12条

1 本会に本会最高の決議機関である総会および理事で構成する理事会を置く。
2 定例総会は年1回開催する。
3 会長または理事会が必要と認めたときは、臨時総会を開くことができる。
4 総会の議長には原則として副会長がこれにあたる。
5 総会は正会員の10分の1の出席(委任状出席者を含む)をもって成立する。
6 総会の議事は出席会員の過半数で決せられる。
7 可否同数の場合は、議長が決する。

第13条

総会は次の事項を審議する。
(1)本会予算及び会務の決定
(2)本会の決算及び会務の報告
(3)その他、理事会で必要と認めた事項

第14条

1 理事会は理事をもって組織し、本会の運営にあたる。
2 理事会は年1回開催する。ただし、必要に応じて臨時理事会を開催することができる。
3 理事会は、会長がこれを招集する。
4 理事会の議長は会長がこれにあたる。
5 理事会は、理事の3分の1の出席(委任状出席者を含む)をもって成立する。
6 理事会の議決は出席委員の過半数をもって、これを決する。

第15条

監事は、本会の会計監査及び会則違反の有無を監査し、総会に報告する。

第5章 会計

第16条

会計年度は毎年4月1日から始まり、翌年3月31日に終わる。

第17条

本会の運営に係わる費用は学生会および会員からの寄付金をもってこれに充てる。 

第6章 個人情報管理

第18条

本会が保持している個人情報は、「学校法人埼玉医科大学個人情報保護規程」に準じて取り扱うものとする。

第7章 その他

第19条

会員で住所、職場、氏名の変更があった場合は、その都度速やかに本部に通知し
なければならない。

第20条

本会の運営に関し必要な細則は、理事会の決議によって定めることができる。
本会則の変更は、総会において出席正会員の3分の2以上の議決を得なければ、行うことができない。

附 則

この会則は、平成23年2月19日から施行する。ただし、平成23年度の役員の選出は、第9条第1項の規定にかかわらず、別に行う。

附 則(平成29年3月5日)

この規則は、平成29年3月5日から施行する。