お知らせ

保健医療学部のお知らせ 研究の実施とご理解ご協力のお願い

研究課題名:本学臨床検査学科学生のワクチン接種前後の抗体価検査の実態調査

1. 研究の目的(試料・情報の利用目的)
保健医療学部臨床検査学科では新一年生に対して麻疹・風疹・水痘・ムンプス抗体価検査を行い、抗体陰性者に対し1年次後期にワクチン接種を行っています。また、2年次前期に B型肝炎ウイルスのワクチ ン接種と 3年次 4月に抗体価検査を行っています。それぞれの接種後の抗体価検査は行われていますが、 陰性者の分析についてはこれまで行われておりませんでした。
そこで、過去 5年間の学生健康推進室で管理されている麻疹・風疹・水痘・ムンプス・B型肝炎ウイルス の抗体価検査結果を用いて、接種前後の陽性・陰性率や接種時期と実習開始日との関係を明らかにし、今後 の学生実習における感染防御対策に役立てることを目的とした実態調査をさせて頂きたいと思います。

2. 研究期間と研究対象
研究期間:倫理審査委員会承認日~ 2019年 9月30日 研究対象:201年~2014年臨床検査学科入学者のうち 4年次まで在籍し、卒業または退学した学生および 2018年時点で 4年生在籍中の学生の抗体価検査結果

3. 研究に使用される検査項目等について
保健医療学部学生健康推進室に保管されている以下の対象データを研究へ使用させて頂きます。
・抗体価検査結果(麻疹・風疹・水痘・ムンプス・B型肝炎ウイルス) ・検査方法
・検査日
・ワクチン接種日

4. 個人情報の管理方法
研究対象となる情報は個人が識別されることのできない研究特有の番号を割り当てる処理を保健医療学部学生健康推進室の個人情報管理者によって処理された後、研究責任者が集計を行います。研究対象者から のデータ使用の中止の申し出があった場合には、当該情報は使用しません。この調査は今後の学校保健の体 制を整えるための解析であり、対象者に利益や不利益は一切生じません。
対象者の抗体価検査結果を用いることは埼玉医科大学保健医療学部の倫理委員会において厳正に審査さ れ承認され、許可を得ています。
国の定めた「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に従い、匿名化したうえで管理しますので、 対象者のプライバシーは厳密に守られます。また、個人情報保護法などの法律を遵守いたします。

☆本研究の調査対象に該当する方でご自分の抗体価検査結果を「研究に使ってほしくない」とお考えの方や不安な点がございましたら、下記の相談窓口までご相談ください。平成30年11月30日まで にご連絡を頂ければ対象から除外致します。この期日を経過した場合、情報を削除できない可能性が発生しますが、 あらかじめご了承頂けますようお願い申し上げます。

5. 相談窓口、情報の管理について責任を有する者
(研究責任者、研究実施者)
所属・職名:埼玉医科大学保健医療学部臨床検査学科・講師 氏名:周東 真代
連絡先:TEL 042-984-4132 e-mail:shumasa@saitama-med.ac.jp

同窓会開催のお知らせ 埼玉医科大学 保健医療学部 同窓会 第3回総会 報告

「埼玉医科大学 保健医療学部 同窓会 第3回総会」が開催されましたので、下記よりご報告致します。

日時:平成29年3月5日 14:00~16:00
場所:ウェスタ川越 第2・3会議室

1.開会の辞
2.同窓会会長の挨拶
3.同窓会会則・役員の改正
4.平成28年度 会計現状報告
5.平成29年度 予算案
6.閉会の辞
*同窓会会則・役員の改正および予算現状報告・予算案については委任状を含めた過半数の出席が認められ、会が成立した。

7.特別講演

「Mentalist DaiGo 氏の特別講演—相手との心の距離を縮める心理テクニック」

1.コミュニケーション能力を身につける上で重要なこと
・「相手との共通点探し」を目的に雑談し、共通点を最低3つ見つけること。
・自身のプロフィールを作るため、自身を表す言葉を3つ考え、各1〜2行ずつ話ができるようになること。
・相手の言葉をおうむ返しして(バックトラッキング)、5W1Hを中心に質問をすること。
・相手の話題や特徴を3つメモに残しておくようにすること。
DaiGo 氏は幼少・学生時代、いじめ等に遭い、人と話すことが苦手だったそうですが、上記の4つのことを行ったことで、沢山の方々と信頼関係を築くことができたそうです。自身がどういう人間で他人からどうみられたいかを把握すること、相手を知る努力をすること、これらのことがコミュニケーション能力を身につける上で重要なことだと理解しました。
2.ストレスを力に変える上で重要なこと
・5分間、グリーンエクササイズ(緑を見ながらの運動)を行うと心身が回復すること。
・18分の昼寝は、3時間の睡眠に相当すること。
・その日にあった良いことと悩みごとを3つ書き出すこと、話すことよりもノートに書き出した方がメンタルはコントロールしやすい。
・ストレスを解消するための行動をした人の方が、寿命が7-8年延長する。
上記の内容は、とても取り掛かりやすい方法です。早速、実践してみようと思いました。
そして、最も勉強になったこと。それは、変えることのできるものについては、変えるための努力をすること、変えることのできないものについては、それを受け入れるだけの冷静さを持つこと。相手との心の距離を縮めること、良好な人間関係の形成には、まず、自分自身を知ることが重要だと講演を拝聴し、感じました。

保健医療学部のお知らせ 同窓会役員を募集しています。

埼玉医科大学 保健医療学部 同窓会では、同窓会を盛り上げる役員を募集中です。

現チームでは人数が少なく活動自体が困難な状態です。
同窓会役員が少なく活動するのも困難です。
ぜひ卒業生として、母校の発展と同窓会の発展のために同窓会役員なって同窓会を盛り上げましょう。
希望者は問い合わせから連絡ください。

サイトからのお知らせ 埼玉医科大学 保健医療学部 同窓会公式ホームページがオープンしました。

この度、埼玉医科大学 保健医療学部 の在校生・卒業生向けの同窓会公式サイトがオープン致しました。
本サイトでは、

埼玉医科大学 保健医療学部
・看護学科
・臨床検査学科
・医用生体工学科
・理学療法学科

以上の在校生・卒業生卒業生が対象となる各同窓会のお知らせや卒業名簿などの管理・変更受付を受け持つサイトです。

卒業生の方へ

卒業生の方で卒業時から住所の変更などがあった方は異動連絡届の申請をお願いします。
変更した情報は同窓会のお知らせやご連絡に使用致します。
> 異動連絡届の申請はこちら