お知らせ

研究の実施とご理解ご協力のお願い

保健医療学部のお知らせ

研究課題名:本学臨床検査学科学生のワクチン接種前後の抗体価検査の実態調査

1. 研究の目的(試料・情報の利用目的)
保健医療学部臨床検査学科では新一年生に対して麻疹・風疹・水痘・ムンプス抗体価検査を行い、抗体陰性者に対し1年次後期にワクチン接種を行っています。また、2年次前期に B型肝炎ウイルスのワクチ ン接種と 3年次 4月に抗体価検査を行っています。それぞれの接種後の抗体価検査は行われていますが、 陰性者の分析についてはこれまで行われておりませんでした。
そこで、過去 5年間の学生健康推進室で管理されている麻疹・風疹・水痘・ムンプス・B型肝炎ウイルス の抗体価検査結果を用いて、接種前後の陽性・陰性率や接種時期と実習開始日との関係を明らかにし、今後 の学生実習における感染防御対策に役立てることを目的とした実態調査をさせて頂きたいと思います。

2. 研究期間と研究対象
研究期間:倫理審査委員会承認日~ 2019年 9月30日 研究対象:201年~2014年臨床検査学科入学者のうち 4年次まで在籍し、卒業または退学した学生および 2018年時点で 4年生在籍中の学生の抗体価検査結果

3. 研究に使用される検査項目等について
保健医療学部学生健康推進室に保管されている以下の対象データを研究へ使用させて頂きます。
・抗体価検査結果(麻疹・風疹・水痘・ムンプス・B型肝炎ウイルス) ・検査方法
・検査日
・ワクチン接種日

4. 個人情報の管理方法
研究対象となる情報は個人が識別されることのできない研究特有の番号を割り当てる処理を保健医療学部学生健康推進室の個人情報管理者によって処理された後、研究責任者が集計を行います。研究対象者から のデータ使用の中止の申し出があった場合には、当該情報は使用しません。この調査は今後の学校保健の体 制を整えるための解析であり、対象者に利益や不利益は一切生じません。
対象者の抗体価検査結果を用いることは埼玉医科大学保健医療学部の倫理委員会において厳正に審査さ れ承認され、許可を得ています。
国の定めた「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に従い、匿名化したうえで管理しますので、 対象者のプライバシーは厳密に守られます。また、個人情報保護法などの法律を遵守いたします。

☆本研究の調査対象に該当する方でご自分の抗体価検査結果を「研究に使ってほしくない」とお考えの方や不安な点がございましたら、下記の相談窓口までご相談ください。平成30年11月30日まで にご連絡を頂ければ対象から除外致します。この期日を経過した場合、情報を削除できない可能性が発生しますが、 あらかじめご了承頂けますようお願い申し上げます。

5. 相談窓口、情報の管理について責任を有する者
(研究責任者、研究実施者)
所属・職名:埼玉医科大学保健医療学部臨床検査学科・講師 氏名:周東 真代
連絡先:TEL 042-984-4132 e-mail:shumasa@saitama-med.ac.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください