お知らせ

埼玉医科大学 保健医療学部 同窓会 第3回総会 報告

同窓会開催のお知らせ

「埼玉医科大学 保健医療学部 同窓会 第3回総会」が開催されましたので、下記よりご報告致します。

日時:平成29年3月5日 14:00~16:00
場所:ウェスタ川越 第2・3会議室

1.開会の辞
2.同窓会会長の挨拶
3.同窓会会則・役員の改正
4.平成28年度 会計現状報告
5.平成29年度 予算案
6.閉会の辞
*同窓会会則・役員の改正および予算現状報告・予算案については委任状を含めた過半数の出席が認められ、会が成立した。

7.特別講演

「Mentalist DaiGo 氏の特別講演—相手との心の距離を縮める心理テクニック」

1.コミュニケーション能力を身につける上で重要なこと
・「相手との共通点探し」を目的に雑談し、共通点を最低3つ見つけること。
・自身のプロフィールを作るため、自身を表す言葉を3つ考え、各1〜2行ずつ話ができるようになること。
・相手の言葉をおうむ返しして(バックトラッキング)、5W1Hを中心に質問をすること。
・相手の話題や特徴を3つメモに残しておくようにすること。
DaiGo 氏は幼少・学生時代、いじめ等に遭い、人と話すことが苦手だったそうですが、上記の4つのことを行ったことで、沢山の方々と信頼関係を築くことができたそうです。自身がどういう人間で他人からどうみられたいかを把握すること、相手を知る努力をすること、これらのことがコミュニケーション能力を身につける上で重要なことだと理解しました。
2.ストレスを力に変える上で重要なこと
・5分間、グリーンエクササイズ(緑を見ながらの運動)を行うと心身が回復すること。
・18分の昼寝は、3時間の睡眠に相当すること。
・その日にあった良いことと悩みごとを3つ書き出すこと、話すことよりもノートに書き出した方がメンタルはコントロールしやすい。
・ストレスを解消するための行動をした人の方が、寿命が7-8年延長する。
上記の内容は、とても取り掛かりやすい方法です。早速、実践してみようと思いました。
そして、最も勉強になったこと。それは、変えることのできるものについては、変えるための努力をすること、変えることのできないものについては、それを受け入れるだけの冷静さを持つこと。相手との心の距離を縮めること、良好な人間関係の形成には、まず、自分自身を知ることが重要だと講演を拝聴し、感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です